豊島区池袋の眼科 | 医療法人社団碧明会 大沢眼科・内科です。サンシャイン60ビル7F。白内障日帰り手術は30年の実績。緑内障も最先端治療であるSLTも兼ね備えています。

池袋サンシャイン内7F 東池袋駅から地下通路あり

03-3988-3333

当院について

当院の特徴

当院の方針

1. 患者様の訴えを良く聞き親切に対応する
2. 最新の検査機器を設置し正確な診断と適格な治療を行う

外来手術

日帰り白内障手術は開院時より行っており35年以上の歴史があり、現在一般的となった日帰り白内障手術の先駆けと言われています。

入院手術と遜色のない成績と多くの患者様の手術を行って来ました。
最新設備と器具を備え多焦点眼内レンズにも対応しています。
その他眼の手術としては、麦粒腫、霰粒腫、睫毛乱世、内反症、眼瞼下垂 他

専門の眼鏡士による正確なメガネ・コンタクトレンズの検査及び作成

視能訓練士(ORT)による正確な視野及び斜視弱視検査又その訓練

レーザー治療

● SLT(選択的隅角形成術)
● 炭酸ガスレーザー
● グリーンレーザー

オルソケラトロジー(角膜矯正法)

●詳細
特殊なハードコンタクトレンズを使って近視や乱視を軽くしたり治したりする方法です。
当院では約18年前よりオルソケラトロジーレンズの効果に着目し、世界で初めてオルソケラトロジーレンズを作ったコンテックス社の開発責任者であるニックス・トーヤン氏の指導を受け治療を開始致しました。現在まで7~40歳までの方に処方し、ほぼ90%の方に効果が上がっております。
また、コンテックス社の技術顧問と常に連携し医師・技術者も技術を磨くようにしています。
● お試し
オルソケラトロジーは、一度体験し効果を確認、納得されてから決めていただく事にしております。その為には、お試しのレンズを装用してから少なくとも2~3時間レンズを装用後、視力の度合が改善した事を確認する必要があります。従って検査には3時間くらいの時間に余裕を持ってご来院ください。
検査は予約制になっています。

連携病院

● 慶応義塾大学病院
● 帝京大学医学部附属病院
● 東邦大学医療センター大橋病院
● 日本大学附属板橋病院
● 東京都立大塚病院
● 順天堂大学医学部附属練馬病院
● 日本大学病院
● 東京都健康長寿医療センター

院内設備

白内障手術機械①

白内障手術機械

コントラスト感度計

コントラスト感度計

光干渉式眼軸長測定装置(IOLマスター)

光干渉式眼軸長測定装置(IOLマスター)

RFナイフ サージトロン

RFナイフ サージトロン

三次元眼底画像撮影装置

三次元眼底画像撮影装置

YAGレーザー:後発白内障手術、緑内障レーザー:SLT

YAGレーザー:後発白内障手術、緑内障レーザー:SLT

超音波検査装置

超音波検査装置

レーザー光凝固装置

レーザー光凝固装置

ハンフリー視野計(静的視野検査)

ハンフリー視野計(静的視野検査)

ゴールドマン視野検査(動的視野検査)

ゴールドマン視野検査(動的視野検査)

スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮撮影装置)

スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮撮影装置)

オートケラトレフラクトメーター

オートケラトレフラクトメーター

ノンコンタクトタイプトノメーター

ノンコンタクトタイプトノメーター

前眼部三次元画像解析

前眼部三次元画像解析

調節近点計

調節近点計

大型弱視鏡

大型弱視鏡

医療法人 社団碧明会 大沢眼科・内科

〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F